銀座カラー

ワキの脱毛後に汗が増える!?

MENU

ワキの脱毛後に汗が増える!?

 

脱毛サロンでは、両ワキ脱毛のキャンペーンを多く行っていますよね。

 

ですが、「ワキ脱毛をすると汗の量が増える」という話を聞いたことがある方も多いでしょう。

 

逆に、汗のニオイやワキガがよくなったという話もあります。

 

ワキ脱毛とワキ汗には、どのような関係があるのでしょうか。

 

 

実際のところ、ワキ脱毛をすることと汗の量が増えるということは、関係がありません。

 

脱毛前のワキ汗はワキ毛に付いて蒸発してしまうため、お肌には直接触れません。

 

そのため、汗をかいていてもべたつくことがなく、汗をたくさんかいていると感じにくいのです。

 

 

しかし、脱毛をしてワキ毛の量が減ると、汗が蒸発する前にお肌に触れてしまうことになります。

 

なので、汗の量が変わっていなくても、脱毛前よりも汗をかくようになったと感じやすいのです。

 

 

一方、ワキのニオイが良くなるというのは、実際にあるようです。

 

ニオイが改善されるのは、ニオイの元である雑菌の繁殖が抑えられるからです。

 

雑菌は毛根の部分に繁殖しますが、脱毛すると毛根がなくなるので雑菌が繁殖しにくくなります。

 

 

ただし、ワキガは毛根ではなくアポクリン腺から発生しているので、毛根がなくなっても改善されません。

 

脱毛してニオイが抑えられるので、ワキガが治ったと感じてしまうかもしれませんが、ワキガはアポクリン腺の手術をしないと治ることはありません。

 

 

このように、ワキ脱毛と汗の量には関係性がありませんが、ニオイとは多少関係があるようです。

 

ワキ脱毛をすると、毛根がなくなり清潔に保ちやすくなるので、ニオイを抑えることが可能になるわけです。

 

 

そうは言っても、ニオイを抑えることを目的として、脱毛を始めることはやめたほうがいいですね。

 

脱毛はあくまでもムダ毛をなくすことを目的として行われているので、ニオイが抑えられたら「運が良かった」くらいに思っておきましょう。

 

このページの先頭へ