銀座カラー

脱毛の自己処理後の毛穴にプツプツができたらどうする?

MENU

脱毛の自己処理後の毛穴にプツプツができたらどうする?

 

カミソリや毛抜きを使って、ムダ毛処理をしている方も多いと思います。

 

ですが、そんな自己処理をした後に、お肌にプツプツができてしまったことはありませんか?

 

 

プツプツができる原因は、お肌が傷ついてしまったことです。

 

毛抜きやカミソリを使うと、毛穴やお肌に負担がかかります。

 

そのように負担がかかると、毛穴が炎症を起こしてしまうために、プツプツができてしまうのです。

 

 

自己処理をするときにお肌に負担がかからないようにすれば、自己処理後の毛穴のプツプツも防ぐことができます。

 

では、どのようにしたらお肌に負担が少なく、自己処理できるのかをご紹介していきます。

 

 

一つ目は、ボディーソープなどをつけて剃らないということです。

 

ボディーソープをつけて剃ることは、一見カミソリの刃がお肌に触れないので負担がかからないように思えます。

 

しかし、剃るときにお肌の油分も一緒にとれてしまうので、乾燥の原因となってしまうんです。

 

 

二つ目は、カミソリの刃を定期的に新しいものに変えるということです。

 

同じ刃を使い続けていると、刃が痛んでしまいお肌を傷つけてしまいます。

 

 

このようなことに気をつけてもプツプツが気になる場合は、脱毛サロンなどで施術を受けることをオススメします。

 

脱毛サロンやクリニックの脱毛は、カミソリや毛抜きで処理するよりもお肌にかかる負担が少ないので、プツプツを抑えることができるでしょう。

 

 

できてしまった毛穴のプツプツは、お肌を清潔に保てば自然と治ることが多いです。

 

ところが、まれに炎症を起こして、毛嚢炎になってしまうことがあります。

 

そのような場合には、皮膚科を受診して薬を処方してもらうようにしましょう。

 

 

ムダ毛の処理をしっかりとしたいと思う女性は多いと思いますが、お肌に負担をかけてお肌にトラブルが起こってしまってはイヤですよね。

 

お肌にトラブルの少ない自己処理を目指したいものです。

 

このページの先頭へ