銀座カラー

脱毛クリームはお肌に負担がかからない!?

MENU

脱毛クリームはお肌に負担がかからない!?

 

ムダ毛の自己処理には、カミソリや毛抜きを使っているという女性が多いのではないでしょうか。

 

しかし、カミソリや毛抜きはお肌や毛根を傷つけてしまいやすく、お肌にトラブルを起こしやすいと言われています。

 

では、どのような方法で自己処理をしたら、お肌への負担が少ないのでしょうか。

 

 

お肌にかかる負担が少ない自己処理には、「脱毛クリーム」を使うという方法があります。

 

脱毛クリームとは、アルカリ性の薬剤のクリームで、皮膚に塗って10分くらい置いておき、その後はティッシュなどで拭き取るという方法で除毛します。

 

主成分はタンパク質であるため、お肌にやさしく、毛抜きで抜くときのように痛みもないのが特徴です。

 

 

また、ムダ毛処理をしたい部分だけ使うこともできますし、脱毛サロンでの脱毛のようにやけどをしてしまう心配もありません。

 

さらに、カミソリや毛抜きのように皮膚を傷つけて、炎症が起きてしまうこともないですし、肌がザラザラになってしまうことも少ないです。

 

脱毛クリームの中には、ムダ毛が生えてこないようにする抑毛効果のある成分が含まれているものもあります。

 

 

ただし、脱毛クリームにも、デメリットがあります。

 

それは、クリームを塗る量が足らないと、うまくムダ毛が処理できなかったり、お肌が弱いとクリームでかぶれてしまったりする、ということです。

 

お肌が弱い方は、気をつけて使う必要があります。

 

 

脱毛クリームの値段はさまざまなのですが、あまりにも安いものを使うのも危険です。

 

安すぎる脱毛クリームには、お肌にかかる負担を減らすための成分があまり含まれていないケースが多いんです。

 

なので、肌が荒れてしまったり、かぶれが出てしまったりと、お肌にトラブルが起こる可能性があります。

 

 

脱毛クリームを購入するときには、含まれている成分を確認して、お肌への負担ができるだけ少ないものを選ぶといいでしょう。

 

このページの先頭へ